2008年10月27日

ウォーキングシューズ

うちの奥さんが、ウォーキングを「始めた」。 まずは形から入るという、僕にはありえない流儀の持ち主なので… 歩き始めてまだ一週間も経っていない昨日、もうスポーツショップで「ウォーキングシューズ」を買っていた^^;。 なんでも「シェイプウォーカー」なるシューズで、靴の底が 前上がりの坂のようになっていて、これを履いて歩いているだけで、普通以上のトレーニングになるらしい。 ラクでいいというか、賢いというか、ちょっとズルイというか…(笑) これで思い出したことがある。 ある登山をしたときのこと。それほどハードな山ではないが、ふもとから歩き始めて3時間近く歩いて頂上近くになったときのこと。だいぶ息も上がって、普段から運動をしていない脚に、乳酸が充満しだしていた(汗)。 ふと、通り道に不思議な木製の階段が現れた。 まず、一段一段が、ちょっと大きい。ひざの高さよりちょっと低いくらいの段を「ヨッコラショ」と登ると、3、4歩前に歩けるくらいのスペースがある。 その3、4歩が、やけにラクなのだ。 「???。なんだこの階段は??」 実は横からよく見ると、一段一段に、傾斜がついていた。 一段登るたびに、3、4歩、下り坂を歩かせてくれるのだ ^o^ そんなことでほんとに楽になるのか?と思われるアナタ! 本当なんですよ〜♪ 「これは良いなあ!!素晴らしいアイデアだ!」と感激して、その階段がある数十メートルの区間は、登る足取りが軽くなったのを良く覚えている。 こんなちょっとしたアイデアなら、いくらでもその辺に転がっていそうで…なかなかどうして。やっぱり、考え出す人というのは、大した人物なのだと思いますね〜^^
posted by シュミーデひとつや at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 親ばか&プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック