2008年07月14日

日本を大満喫♪ 


"No Plan."といってうちに来てくれたドイツ・アーヘンからの友人家族。思いのほか長居をして足掛け9日間も滞在してくれました。写真は、木曽の漆器屋さんで、手づくりのところてんをいただいているところです。 ドイツ人の旅行スタイルも人それぞれでしょうが、彼らは子連れということもあり、本当にマイペースでした^o^  毎日予定を立てて「○○○に行く」とかやるのではなく、うちの町のプールに泳ぎに行ったり、毎日九時頃にやっと起きてきては昼頃まではのんびり我が家で過ごしたりしていました。 うちに滞在していた期間中、一度1泊2日で新潟の最西端・糸魚川市(これもシブい 笑)を目的地に、小旅行に出かけていきました。フォッサマグナミュージアムを訪ね、その足で白馬と黒部ダムをまわって帰ってきました。 とても楽しんでくれたようです。 そして気がつけば彼らの日本滞在も残すところあと1週間。 ようやく昨日、京都に旅立っていきました。 ぼくらも知らなかったのですが、実は京都は祇園祭なんですね!!すごいラッキーだな〜 そしてそこから名古屋に立ち寄り、相撲も観戦していくということに。ボクが急遽オークションで相撲の観戦チケットもゲットしました。 一気にアクティブな日程でクライマックスです。富士山も見ていくつもりだそうで、思い残すところはなさそう。 子供たちも日本に来て始めてデビューしたこともあったよう。 ・今まで手もつけなかったえびを食べるようになり、スーパーではエビフライを買って帰りの車で平らげるという変わりように親もビックリ(笑) ・あまり生き物を触って遊んだこともなかったのに、うちにきたら大量に飛び回っているカエルやカネチョロ(トカゲといえば分かりやすいか)を手で捕まえて飼ってみたり。 それぞれが存分に休暇を満喫してくれたようで、何よりです。 他人、しかも外国人が一週間も泊っていたから大変だったろうと思われるかもしれませんね。 でも、意外と日本人のように気を遣わないでいてくれるので、こちらもだんだん要領がわかり、気を遣いすぎず勝手にやってもらうようになったので、楽しかったです。冷蔵庫を勝手に開けて食べ物もとってくれるし、戸棚の食器の場所も覚えて勝手に使ってくれるし。意外とそれくらいやってくれる方が気楽… いなくなるのが寂しくなるくらい^^ というわけで、やっと自分たちのペースに戻ってきた我が家です。
posted by シュミーデひとつや at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 親ばか&プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック