2010年04月03日

いまどきの金属ゴミ回収屋さん

今日仕事中、午前と午後2回、金属ゴミ回収屋さんがきた。

普通は流すだけのクズ屋さんも、うちが外にいろいろ金目(?)のものを置いているので、わざわざ顔を出してくれる。


アクセントですぐ中国系の方だというのがわかる^^
しかも、2組とも父子連れ。声をかけにくるのは息子で、親父が車に乗っていた。

ボクは、割かし中国人の人にも親近感を持っている。




◆午前の人

スクラップ屋さんに運ぶ手間が省けるので、午前の人に仕事で出る端材の鉄くずを持っていってもらうことにした。



ところで、6年前に秩父から引っ越してきた時以来、誰かに譲れるからといってとってあったエアコンが一台あった。

長野では、エアコンをつける(しかも中古ならなおさらか)という人を探すのは難しかった(笑)。涼しいんだよね〜。

オークションという手もあったのかもしれないが、ガラがでかいし、そういうことにはならなかった。



「エアコンはいくら?」
「タダで持ってきますよー」


2、3年ほど前にきたクズ屋さんは、3000円と言っていた。当時は「まだ使える」という思いがあり、「3000円はないだろもうやだ〜(悲しい顔)」と断った。



タダなら結構!



午前の人にはそう告げて別れた。



→午後の人に続く。

続きを読む


posted by シュミーデひとつや at 23:59| Comment(0) | 村の風景&出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする